FIFAワールドカップ ぶれ球はなぜ起こるか。流体力学のお勉強。(その6)

「カルマン渦」という言葉をご存知だろうか。円柱の後流などにできる渦で,二列にできるものだ。お勉強(その5)で説明した,揚力・横力方向の変動力(圧力)と関係するものだ。

http://44579446.at.webry.info/201007/article_48.html

基本的には,ぶれ球はカルマン渦と関連がある。

ただし,細かなことをいうと,カルマン渦はレイノルズ数が比較的小さな領域で発生する現象。シュート時のボールの条件はもっと大きなレイノルズ数領域にある。この大きなレイノルズ数領域では,流れの乱れが激しくて,様々なスケールの乱れがあり,カルマン渦は発生していない。したがって,カルマン渦がもつ特定の振動数はサッカー球に対しては現れていない。もっと不規則な振動になっている。

http://44579446.at.webry.info/201007/article_1.html

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック