力士は何のために戦うのか。賜杯のない名古屋場所。

相撲協会は,天皇賜杯、内閣総理大臣杯はいうに及ばず,すべての表彰を行わないことにしたという。それなら,力士は何を目指して一番一番を戦うのか。優勝旗のない戦いなど誰がやる気を出すというのだ。

もちろん,賞金もないだろう。(もっとも,手刀を切る練習をしなくてすむ。)

相撲取りはプロなのだ。カネのために勝負をしているのだ。慈善事業で汗を流しているのではない。相手を倒さず,給料を貰うほうがおかしい。

相撲協会はプロスポーツをなんと考えているのか。

そもそも,相撲協会のホームページで野球賭博問題についてなんの説明もしていないのがおかしい。
http://www.sumo.or.jp/index.html

結論。名古屋場所はすべからく中止すべし。
http://44579446.at.webry.info/201007/article_27.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック