なんのために名古屋場所番付発表を遅らせたのか。支離滅裂な相撲協会

名古屋場所番付が発表された。琴光喜が西大関として載っている。相撲協会はなにを考えているのか。あいた口がふさがらない。

番付発表を遅らせたのは,番付にのせられない力士が出るかもしれないと考えたから。そして,番付にのせられる力士が確定したから,発表したのではないか。それを,既にいないはずの力士の名前をのせるのは,どうみてもおかしい。

これは印刷に時間がかかるという技術的な問題ではない。初日までにまだ一週間ある。刷りなおせばよい。印刷屋は早い。こんなことは一晩でできる。新聞紙の印刷を見よ。

問題は,相撲協会がなにも考えていないこと。自分で番付発表を遅らせておいて,その遅らせた理由を忘れ,おとぼりがさめたから,発表する。子供でもこんな甘い考えはしない。

あきれたものだ。相撲がますます朽ちていく。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック