FIFA ワールドカップ 岡田監督の「ベスト4」発言はどうなったのか

日本のワールドカップが終わった。ベスト16止まりだった。冷静に思い出そう。岡田監督は「ベスト4を目指す」と言ったはず。その差はどうなったのか。

今夕,日本チームが帰国した。記者会見で「目標のベスト4が達成できなかった責任はどうお考えですか」という質問をする記者はいないのか。この答をぜひ聞きたいものだ。

ベスト4とベスト16とは大いにちがう。全然ちがう。天と地の違いだ。

岡田監督は最近なんといっているか。「このチームでもう一試合させたかった。」もう一試合やって,勝ったとしてもベスト8だ。まだまだ,ベスト4にはほど遠い。

確かに,岡田チームはよく戦った。だが,良く戦ったチームは日本だけではない。岡田は「われわれは良く戦う」といっていたのではない。「われわれはベスト4に進む」と言ったはずだ。少なくとも,私は彼の発言をそのように理解した。

そこで何を思い出すか。鳩山は「普天間はすくなくとも県外に移す」と言った。だが,できなかった。民主党は,政権にある限り消費税は上げないといった。それが,消費税増税を選挙の争点にして,免罪符を得ようとしている。

要するに,できもしないことを放言して,それが当然できなくても,ほうっかぶりして無視する。

日本の責任あるお歴々の言葉の軽さよ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック