宮崎口蹄疫問題。高速道路から特別通行料金を取って対策費に投入せよ。

宮崎県の口蹄疫問題が収束しない。一言で言えば,初期対策を失敗したからだ。不十分な処置がウイルスを生き残らせた。

「せっかく育てたわが子のようなウシを殺すのは忍びない。」といった感傷路線では現実に対処できないのだ。「せっかく育てた」といっても,そもそも,殺すために育てたのではないか。想定した売値になるまで育てられなかったのを悔しがっているに過ぎない。国がこのカネを出すというまでゴネていたのはどこの誰だ。

大局的見地に立とう。口蹄疫問題は国を挙げての大問題。いま,ここに予算を投入せずしてどこにカネを投入するのか。専門家を全国から集め,一大チームを作って対策に励め。

全国の高速道路の通行料金を口蹄疫問題に投入せよ。このぐらいの発想の転換が必要だ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック