相撲協会にも罪と罰がある。名古屋場所は興行できる状況ではない。

琴光喜が解雇となった。他の処分者もでた。理事長は,たったの,謹慎処分。給与も,減額されるが,もらう。おかしな状況が依然として続く。

犯罪行為を犯したものには,罰を受けてもらう。当たり前の事だ。

犯罪行為を行う温床を作り出したものにも,罰を受けてもらう。当然の事だ。協会がなにも指導・監督をしなかったから,野球賭博が力士の間で蔓延したのだ。この事実と責任をはっきり認識してもらいたい。力士の行動は所属の組織が持つのは日本の常識。高校野球でも,大学野球でも同じこと。

協会には何が罰に当たるか。興行中止しかない。協会の存在そのものに関係することが興行。この根幹部分に対してしっかり罰を与えない限り,協会に対する罰にならないし,罰と認識しないのなら,協会の反省も望めない。

ああ,相撲はますます滅亡の急坂を転がり落ちようとしている。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック