リニアはエコではない。膨大な電気を食うリニアは滅びるのみ。

バスでさえ停車時にエンジンをストップさせてエネルギー消費を減らしているこの時代に,リニア新幹線の幻想を追っている時代遅れの輩がいる。なにをいまさら,とあきれ返る。

JR東海(総研)が研究しているリニア新幹線は,超伝導を基礎としたもの。超伝導と聞くと,抵抗なしで電流がぐるぐる回るのだからエネルギーを消費しないと思ってはいけない。モノ(車両)をうごかせば,それだけエネルギーが必要なのは,電車でも自動車でも飛行機でもみんないっしょ。

超伝導リニアはなぜ電気を食うか。超伝導にするため,磁石の温度を下げなくてはいけないから。クーラーがヒーターより電気代がかかるのと同じように,絶対ゼロ度近くに温度を下げるには膨大な電気代がかかる。これが皆乗客に降りかかるのだ。こんな無駄なエネルギーを消費する乗り物は21世紀にはふさわしくない。ばかげている。

JR東海はすべからくリニア新幹線の運用コストを公表すべきだ。マイナス面を隠していては国民の理解は得られない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック