法務大臣に死刑可否の職務権限はない

千葉法務大臣が今日死刑執行を2件命令したという。様々な意見が飛び交っている。

誤解してはいけないことは,死刑は「司法」が決定したことで,「行政」は与えられた職務を遂行することだけである。

与えられた職務を遂行しなければ,職権乱用または職務怠慢である。行政を担当する法務大臣に死刑にするか,死刑にしないかを判断する権限は与えられていない。

死刑または死刑制度を批判する人は,法律そのもの,または司法(裁判所)を批判しなければいけない。行政を批判することは的を外している。

法務大臣が職務を逸脱するゐ事を助長する精神は,鹿児島県のアグネ某市長の暴挙を支持する精神と変わりはない。

もっと法律をしっかり読もう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック