宮崎口蹄役。自分の事しか考えない宮崎県人。

宮崎県の畜産農家がなんと言っているか。
「補償がはっきりするまではウシを殺すわけにはいかない。それまでにウイルスが拡散してもそれは宮崎県の責任ではない。」「ウシを殺すのは忍びない。政府の伝染病対策は行きすぎだ。」

なんとなんと。こんな子供じみたことしか言えないのか。
「私の責任です。当方の不首尾は当方で処置します。」
「病気が広がらないように,自分が全責任を持ちます。」
「県外に広がらないよう,県内のウシ全頭を処分することもいといません。」
というのが大人の対応ではないか。

それをそれを。。。。宮崎県人は知事を先等にカネの要求ばかりしている。自分がカネさえもらえれば,日本の畜産が壊滅してもかまわない,といっているのと同じ。ひどい輩だ。

なんで,こんなに幼児ばかりできてしまったのか。ああ,ああ,ああ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック