主体性のない相撲協会。自分の考えはないのか。

野球賭博問題を調査する「外部有識者の特別調査委員会」が「勧告」と出し,協会が”それを受けいれた。”

この論理おかしくないですか。

「調査」は外部委員会がしても良いが,大相撲の「方針」は自分達が決めることだ。どういう事実に基づいて,それらをどのように評価・判断し,自分達の哲学に基づいて,今後の方針を決定し,それを世に問う,のが公共組織の行うことではないのか。

他人に案を作らせて,それをそのまま鵜呑みにして実行に移す。なんてバカなはなしか。(政府の委員会もおなじだが。)自分達はどのように考えるんのかを明示するのが最大の責務だ。それを放棄している。あきれたものだ。

力士の「謹慎」もおかしな話だ。「謹慎」とは力士側の判断でしかない。協会側の処分ではない。協会の主体性が全くない。さっさと処分案を出せ。

このままでは,大相撲はつぶれる。名古屋場所どころではない筈だ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック