英国キャメロン新首相の第一声。中身をよく読もう。

英国で政権が交代した。ブラウンがあのていたらくだったのだから,当然の帰結だ。安部・福田と政権をほっぽり投げた政党が選挙で負けたのと同じこと。

さて,英国新政権はどの方向に向かうのだろうか。下記のサイトで声明が読める。

http://www.number10.gov.uk/news/speeches-and-transcripts/2010/05/pm-and-deputy-pm-press-conference-50042

一読,内容が無いのに驚く。うわべだけの言葉が連なっているだけで,実体が全然ない。これじゃ,内紛(失礼。内部調整というべきだったかな)をいかになくすかに腐心しているだけ。

グローバルな視点がまったくない。人類の未来のために何をするのか,展望を述べてもらいたかった。世界平和はどうするのか。中東の戦争状態をどうするのか。人類の課題は何か。しっかり見極め,それに対処する姿勢を示して欲しかった。

英国で連立政権がはじまった。日本の連立政権は支離滅裂。日本の手本になるのだろうか。

(「二大政党制が政治の理想」との神話があるが,この欺瞞性については,また議論する。)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック