ギリシャ語(35) アスペクトについて(6)

スペイン語についてはなんと言っているか。

画像



A.2.3.2.スペイン語
スペイン語にも,文章フランス語とおなじような,形式的な区別だてがある。単純過去は,フランス語の定過去に相応していて,たとえば escribi ‘I wrote (私はかいた)'。そして,パーフェクトは,たとえば he escrito ‘I have written (私はかいている)'。しかし,単純過去とパーフェクトとのあいだの意味的な区別だては,フランス語にくらべて,いくらかちがっている。Bull(1963),Barrera-Vida1(1972)を参照していただきたい。くわえて,スペイン語は分離した進行相の形式をもっていて,進行の意味をあらわしているが(たとえば estoy escribiendo ‘I am writing'),それに対応する非進行相(たとえばescribo ‘I write )は進行の意味を排除しない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック