原発の制御室を24時間ライブ中継しろ

電力会社はどこもかしこも不法行為ばかりしている。ミスをするのは確率的にやむをえない。問題は、それを隠蔽し、闇に放り込み、反省せず、直していこうという向上心がないこと。
どうしたらよいか。
制御室にライブカメラを持ち込み、インターネットで24時間中継することだ。そうすれば、表裏の別がなくなる。
ロケットの発射時に、宇宙開発機構が制御室を公開中継しているのと同じ。アメリカのアポロ計画の事故など衆人環視のもとに対策に取り組んだ。だからアメリカには底力があるのだ。
ライブカメラのインターネット中継など、だれにでも、すぐにできる。わたしでも、カメラを設置し、パソコンにつなぐことがすぐにできる。1時間もかからない。世界中で街頭のカメラ映像がみれる。
電力会社も、この際、このように、自分たちの作業を公開し、情報を共有して安全性を高めていくことが必要だ。これぐらいの「近代化」を行わないと、事故はいつまでも続く。

再度言う。電力会社が真に反省しているのなら、原発の制御室の映像を24時間インターネットで公開せよ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック