北朝鮮のミサイルとインドのミサイルはどこが違うのか

日本政府は北朝鮮のミサイル実験で厳重に抗議し、国連安保理事会で非難決議を可決すべく働きかけている。
それでは、昨日実施したインドのミサイル実験に関しては何というのか。このミサイル「アグニ3」は1トンのペイロードを3,500キロメートル運ぶという。インドから北京に届く。こんな中距離弾道ミサイルに対して日本は抗議しないのか。
インドと北朝鮮はどこが違うのか。「インドは責任ある核保有国で、国際社会の脅威にはならない」だって?ふざけんじゃない!戦争はいつでも自国防衛という「美名」のもとに戦われてきたのだ。
それならアメリカはどうなのか。四六時中ミサイル実験ばかりしている。戦争志向の国家と言わずになんと表現できようか。アメリカの好戦性はあらゆる事実が証明する。
日本の論理が世界中に理解可能で納得できるものでない限り、日本外交(日本の基本姿勢)を理解してくれる国はでてこない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック