社民党が社会党に戻った。やっと気がついた。九条と小選挙区。

街を歩いていると共産党のポスターで「憲法第9条を守ろう」と言うのがあった。眼を疑った。昔は、共産党だけが、常備軍を持つべきだと主張していた。(自民党はそこまではっきり言わなかった。)憲法第9条に反対していた。その共産党が保守勢力になっている。
社会党は村山某が首相になって自滅した。自衛隊を認める、例の村山首相談話を出したからだ。おかげで、誰も社会党の独自性を認めなくなった。自民党の影にかくれて、姿が見えなくなった。
今日、社民党の党大会で、「自衛隊は違憲状態だ」と修正意見がとおったようだ。やっと、昔の社会党にもどった。憲法第9条を読めば、小学生でも自衛隊が憲法違反だと言う事はわかる。これにほおかぶりしている現代の政治家はみな過ちをおかしている。基本的な倫理を日本から無くしている。こんな論理のない国ははずかしい。だから、小学生から論理をおしえられないのだ。偉大なる堕落。
小選挙区にさんせいしたのは誤りだった、と今日、社民党が言った。これも当然。小選挙区にすれば、第一党が圧勝することは昔から分っていた。だから1960年代に大騒ぎしていたのだ。ここでも社会党は墓穴をほった。間違いを間違いと認識し、はやく挽回策を打ち、正義の道にもどること。これが大人のやること。社民党はおとなに近づいた。
正論を吐くのと選挙で票をとることは直結しない。しかし、社民党はすでに選挙で票がとれない。票がとれないのなら、正論をひとりわびしく吐いて、自己満足していれば良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック