ノーベル平和賞の意味はなにか

IAEAとエルバラダイ氏がノーベル平和賞を受賞することとなった。祝おう。素直に祝おう。
でも、平和とは何か考えて見よう。誰にとっての平和か。現状維持が平和というなら、改革派はみな、反平和勢力となる。
武力を使って昔からの住民を追い出して、勝手に住みつき、高い塀を築いて占領した土地を守り、気に食わない周辺住民に爆撃を加える国は平和国家か。アラファト(このひともノーベル平和賞をもらった)は平和主義者だったのか、戦争主義者だったのか。
アメリカ大陸やヨーロッパ、日本からの軍隊に自分の土地を占領され、黙っているのが平和か。抵抗して自由を獲得しようとするのが平和か。
アメリカが核兵器をもって世界中に脅しをかけているのに黙っているのが平和か。自前の核兵器を持とうとするのが平和か。
小泉改革派は平和を目指していな。なぜなら、郵政改革も、年金改革も、道路公団の民有化も平和のカテゴリーに入らない。
おまけに、小泉と自民党は、「平和」憲法をなくして、海外派兵憲法=戦争容認憲法を作ろうとしている。
そう言えば、佐藤栄作元総理大臣もノーベル平和賞をとった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック