台風襲来時の避難命令に強制力はあるのか

ニューオーリンズでは当局が避難命令を出した、という。日本でもよくある。しかし、命令を受けた側はどうすればよいのか。遠出するにも交通費が要る。宿泊はどうするのか。ホテル代は誰が払うのか。食費も普段より高くなる。命令を出す側はこれらについてなんと言っているのか。
アメリカでは、命令を出しても、車を持っていない人にバスを用意しなかったことを当局が非難されている。バスだけ用意すれば良いのか。ホテル、宿泊設備を当局が用意しなくて良いのか。
「命令」というならば、すべて完結するものでなくてはいけない。命令を受ける側にも、「留まる自由」がある。危険は承知。移動すること自体に耐えられない身体条件の人もいる。
要するに、法整備が完結されていないのだ。法学者、行政当局、そしてなによりも国会議員はなにをしているのか。もっともっと現実をみて、その上にたった法律体系を考えよ。社会はどんどん動いているのだ。法律は100年送れている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック