ブダペストへ行ってきた

2005年7月25日(月)の一日、ブダペストの観光地を歩いた。初訪問旅行者の印象。
(1)ホームレスがいない。(2)カフェ・ジェルボーのケーキとコーヒーがうまい。評判どおり。(3)地下鉄のエスカレータがめちゃ速い。老人には無理。古く小汚い。(4)中央市場はうわさほど安くはない。雰囲気は面白い。(5)鎖橋、王宮等の夜景は絶品。夜9時に灯る。(6)美人が多い。(7)下腹の出ている男性が多い。(8)英語がたどたどしいインテリがいる。街では英語はほとんど通じない。(9)観光客は、ウィーンやプラハに比べ、少ない。(10)物価は安い。(11)市内の都市景観は古く保たれている。高層ビルがない。(12)郊外の住宅はほどほどの豊かさ。(13)田舎は全部農地。工業は未発達。
要するに、東京やパリほど文化・経済状況が進んでいない。高層ビルをメチャクチャに建てるほど、経済活動は盛んではないし、人口集中も必要としていない。古いタイプの経済を引きずっていて、発展速度も速くはない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック