自爆テロにどう対処するか

自爆テロが世界中で連続している。自分のとなりで、自爆されてはたまらない。迷惑千万。肩がふれただけでも不愉快なのに、爆発物を吹き飛ばされ、こっちが怪我をさせられるとは、けしからん似もほどがある。そもそも、赤の他人にこんなことをされる覚えは無い。
みんなが、こう思っているに違いない。では、自爆する本人の言い分はなにか。警察と報道機関は犯人側の言い分を公表しない。なにか、むこうにも言い分があるはずだ。なにも言わないで死んで行くとは思えない。主張がないのなら、自死するはずがない。
それでは、第三者はどうするか、周辺状況から想像するしかない。閉塞状況に追いこまれているに違いがない。誰が追い込んでいるのか。自死以外に逃げ道はないのか。第三者が手を差し伸べる余地はないのか。
わからない。唯一やってはいけないことは、断定的、一面的、一方的、排他的に物事をみること。しっかり、本質をみつめる努力をしていこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック